マリオテニスオープン

[投稿日時]2012.5.28 0:29 [カテゴリー]3DS, マリオテニス オープン [コメント数]マリオテニスオープン はコメントを受け付けていません。

 去る5月24日に、3DS用ソフトとして『マリオテニス』シリーズの最新作である『マリオテニス オープン』が発売されました。マリオテニスシリーズに関しては、当方では『64版』『GBC版』『GC版』に続いての4作目のプレイとなりますが、今回の『マリオテニス オープン』の特徴の一つに、本体に登録しているMiiをゲームに登場させることができるという点です。また、ただ登場させるだけでなく、Miiの衣装を自由にコーディネイトできるのも大きなポイントです。

 Miiの衣装は『マイルーム』>『アイテムショップ』で購入していくことになるわけですが、ゲーム開始直後は、実は何も売られておらず、『フリー対戦』や『トーナメント』等で1試合が終るごとに、ランダム(?)に1アイテムずつショップに入荷されるというシステムになっています。対象が『1試合』なので、『何セット何ゲーム』やったかは関係無いようです。なので、当方では、フリー対戦の『1セット2ゲーム』をしまくって、ショップのアイテム欄をすべて埋めました。なお、ショップで販売されるアイテムは、

 ・ラケット48種類

 ・ウェア40種類

 ・リストバンド40種類

 ・シューズ40種類

の合計168種類となっており、言い換えれば、すべて揃えるには最低168試合が必要という計算になります。登場するアイテムとしては、大まかに分けて、

 ・『マリオ』『ピーチ』等のキャラクターにちなんだもの

 ・『スーパーキノコ』『ファイアーフラワー』等のパワーアップアイテムにちなんだもの

 ・『ワンワン』『ドッスン』等の敵キャラにちなんだもの

という感じになりますが、マリオとヨッシーに関しては、派生版(マリオなら『ファイアマリオラケット』や『メタルマリオラケット』等。ヨッシーなら『あかヨッシー~』『ピンクヨッシー~』等)もあります。なお、派生版については、マリオはラケット系のみ、ヨッシーは『ラケット以外(ウェア、リストバンド、シューズ)』という品揃えになっているようです(なお、ラケットについては『ベビィマリオラケット』『ベビィピーチラケット』なんてのもあります)。ラケットだけ種類が多いのは、派生版が多いためのようです。

 さて、ショップで販売される衣装を購入するには、ゲーム中で得られる『コイン』が必要になりますが、コインを入手するには、『スペシャルゲーム』の項目にある4つのゲームを攻略していく必要があります(初回プレイ時のみ、チュートリアルをクリアすることで800コイン入手可能)。スペシャルゲームには『リングショット』や『ギャラクシーラリー』等がありますが、当方では、『リングショット』の『おてがるリング』でコインを稼ぎまくっています。(1回につき、大体40秒前後のプレイで220~240コイン入手可能。なお、一度クリアしたゲームであっても、何度でもプレイでき、目標をクリア出来ればその都度コインが入手できる)

 ショップで購入した衣装は、『マイルーム』>『コスチュームを変える』で実際に着せ替えを行なっていくわけですが、各アイテムには、

 ・球の速さ(サーブ、ストローク、ボレー)

 ・スピンのかかり具合(サイド、トップ、スライス)

 ・足の速さ(スピード、ダッシュ、クイック)

という値が設定されており、その組み合わせによって、Miiのステータスが決まるというシステムになっています。なので、組み合わせ如何によって『オールラウンド型』『パワー型』『スピード型』・・・というような特徴付けができるのが魅力です。

 なお、衣装の組み合わせはいろいろありますが、

 ・ラケット、ウェア、リストバンド、シューズの4種全てを同じもので統一すると、Miiの足元が光り、各ステータスに上向きの矢印が入る

という演出が入ります。もしかしたら、各ステータスにボーナスが入っているかもしれません(未確認)。例えば、

 ・『マリオラケット』『マリオウェア』『マリオリストバンド』『マリオシューズ』(マリオで統一)

という感じになります。以下、当方が確認したものです。

    

    

  

スーパースターシリーズ:見た目が派手。しかもパワーが半端ない。フラットのナイスサーブで240km出る

サンダーシリーズ:使い勝手の良さでは、(スピンが若干弱いが)今回挙げた8種類の中では一番か。フラットのナイスサーブで230km近く

アイスフラワーシリーズ:色使い的には一番のお気に入り。使い勝手も悪くない・・・が、サンダーシリーズが登場してからは一歩後退。

チコシリーズ:スピンのかかり具合と足の速さは鬼だが、いかんせんパワーが・・・

 まだプレイは始まったばかり(一応トーナメントは、シングルス/Miiで『1UPキノコカップ』までクリアしました)なので、しばらくはこれにハマりそうです。